浅草で新規オープンするホテル

浅草は、東京スカイツリーの開業だけでなく2020東京オリンピックの開催を来年に控えグランドオープンや改装を急ぐホテルが数多く、「雷門旅館」や「天然温泉凌雲の湯・御宿野乃浅草」などがあります。

天然温泉凌雲の湯・御宿野乃浅草は、社員寮や学生寮などを展開する共立メンテナンスが運営するビジネスホテルチェーンの新規物件であり、ドーミーインの和風プレミアブランドです。天然温泉凌雲の湯・御宿野乃浅草は、花やしき遊園地前の好立地にありながら木のぬくもりと畳の上を裸足で歩く心地良さが味わえる宿泊施設であり、ネオンに煌めく東京を眼下に置く露天風呂や貸切露天風呂など温泉施設が充実しています。

客室は、より和風を感じてもらうために客室だけでなく廊下まで畳敷きになっており、洋風のベッドと和風の室内が融和している落ち着ける空間になっている宿泊施設です。雷門旅館は、昭和20年から雷門の際で営業してきた木造2階建ての旅館でしたが、昭和54年の建て替え以降ホテル雷門と呼ばれてきました。

しかし、2019年7月26日の新装オープンを機に雷門旅館に名称を戻し、従来のホテル雷門よりも和風テイストを強くした客室やエントランスが特徴の宿泊施設です。外観は、従来の明るい茶色のタイル調から落ち着いたライトブラウンに変更され、遮音性と断熱性の優れた気泡コンクリート外壁の7階建てとしてグランドオープンします。雷門旅館には、木のぬくもりだけでなく土壁の伝統美を備えた客室や坪庭を備えた客室もあり、外国人だけでなく日本人も安らげる和風ホテルです。
浅草のホテルのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *