浅草で朝ごはんを食べながら観光を

浅草で雷門や浅草寺を観て花やしきで遊び、商店街を散策しお好み焼を食べてもまだまだ観るところは沢山あります。

とは言え時間は止まらないもので、これだけ観て回るとかなり時は経ち夜になれば近辺はまたお店が閉まる時刻が早く、一日があっという間に過ぎていきます。泊まり掛けの観光であれば早めに宿で休み、次の日に備えたいところです。夜が早い分浅草は朝も早く、早朝から営業している飲食店も多数存在しています。下町の朝ごはんと言えば多様にありますが、朝そばが有名です。シンプルな掛けそばからカレー南蛮までメニューも豊富にあります。

またトッピングは東京の下町らしい紅しょうが天や油あげなどがポピュラーで懐しさも感じる味となっています。そして安くてボリュームがあることが更に下町風情を盛り上げてくれます。古きよき江戸でもあることから、朝ごはんとして美味しいお寿司を食べることもできます。小さなお店は街の色々な地域に点在しており、人気のあるお店は人が絶えません。

カウンターのあるお寿司屋さんでも、椅子の無いいわゆる立食いのお店も多く、しかしネタは新鮮でリーズナブルな価格設定が人気の理由でもあり常連客も楽しげな人情味の溢れるようなところが魅力でもあります。このような風情を楽しむ、情緒を感じることができる場所であり、且つ朝ごはんとして食事も楽しめる浅草の飲食店には歴史や文化がそこにも濃密に詰まっていると言え、その部分も浅草の観光には欠かせない重要な名所となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *