東京の浅草名所七福神と宿泊するホテルについて

東京には浅草七福神の名所を持つ9つのお寺や神社、聖天があるのをご存知でしょうか。

東京下町に位置する9寺社には、浅草寺の大黒天を始め、浅草神社(恵比須)・待乳山聖天(毘沙門天)・今戸神社および矢先神社の福寿寿・不動院(布袋尊)・石浜神社(寿老神)・鷲神社(寿老人)・吉原神社(弁財天)があります。いずれも縁起が良い場所として東京の観光スポットにもなっています。すべての神社に訪れることで、七福神の御利益を頂ける、ホテルに宿泊してでもすべてを回りたいと考える人も多いと言えましょう。

東京の下町を代表する浅草は七福神巡りだけでなく、色々な楽しみがある場所です。ホテルへの宿泊には事前の予約が必要ですし、事前に要望を伝えておけば、希望通りの部屋を用意して貰えるメリットもあります。ただ寝泊まりするだけなので、部屋が狭くても良い、窓の向こう側が隣のビルの壁になっていても良い、などの考えを持つ人も多いかと思われますが、東京で宿泊するのであれば夜景を望める場所や近くに美味しいお店があるエリアにあるホテルがお勧めです。

ちなみに、ホテルはルームチャージによる料金形態のイメージを持つ人も多いようですが、最近は食事をセットにしているプランを用意している所も増えています。場所柄近くに有名店などがある施設が多いのですが、セットプランを使うと通常よりも安く食事ができる、宿泊料金もお得感があるなどお勧めです。ちなみに、宿泊予約サイトを使えば比較もできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *