浅草の旅行関連は行事に合わせて出かけたい

人気のある浅草は一年を通していつ出かけても楽しいものですが、もし日程に余裕があるなら行事に合わせて旅行関連の計画を立ててみると楽しさが倍増します。

コンパクトに観光できるところがまとまっているのもいいのですが、例えば年始であれば除夜の鐘を聞いてそのまま年の瀬を過ごしつつ、夜が明ければ初詣というように大勢の方が出かけていきます。夏場になれば隅田川花火大会を楽しみに浅草へと出てくる方もいますし、最近はサンバカーニバルなどの度肝を抜くような行事もあるので、旅行関連で出かけようという方にはワクワクするイベントとして楽しむ事ができるでしょう。

春であれば段々と寒かった時期から空気も温んできて桜も咲き始めて花見に興じる方もいて、思わず食べ歩きも捗ってしまうのは間違いありません。また、歌舞伎もあれば様々な月で舞の奉納なども行われているので、歴史や日本らしい雰囲気を味わいたい方は、そうした時期に出かけてみると、少し雰囲気の違う時間にゆったりとした空気を味わえるのではないでしょうか。

お祭りも浅草の行事としていろいろありますが、旅行関連の目玉としては三社祭がやはり規模も大きく注目されます。700年近くも続いているというのも驚きですが、150万人近くの人が訪れるという事で歩くのも大変なぐらいです。それでも一度は見ておきたいということで出かけてしまうほどなので、いろんな行事をチェックして浅草の様々な表情を楽しんで下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *