浅草旅行関連年明けから行事は目白押し

浅草は年間を通してあらゆる行事が開催をされていますので、旅行関連でも楽しみに事欠きません。

年の初めの1月から旅行関連で浅草の行事を調べてみただけでも、寒さなど吹き飛ばすくらいの充実ぶりです。睦月の浅草行事で旅行関連では、初詣から始まり大根まつり、どんど焼きなどもありますので訪れることができます。神社や仏閣に日本では、昔から元旦にはお参りに訪れていましたが、有名な神社があるエリアだからこそ、元旦だけではなく1月には、その年の幸福を祈願して訪れる人は多いです。

百味供養として行われているのが、1月にある大根まつりであり、商売繁盛を祈る法会であり、家内安全なども祈ります。冬に旬を迎える真っ白な大根をメインに、新鮮な野菜類やお酒類、団子などを備えて祈り、その後は大根を煮てみんなで食べる楽しみも乙なものです。お正月で利用をしたものを片付けの名目で燃やすのが、神社で行われるどんど焼の儀式になります。

どんど焼の火にあたることで、その年は年間を通して無病息災と言われているので、参加をする人は大変多いです。如月の2月を迎えたら、浅草観音文化芸能人節分会がありますので、開催時には本格的な豆まきが行われます。七福神の故事より撮ったとも言われる、観音の福徳を讃えた、福聚の舞も見事なものです。1年間使用をした針を供養する、針供養も2月には行われています。三法には豆腐を乗せて、その上に使い古した針をたてての供養の仕方です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *